読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀の弾丸

プログラミングに関して、いろいろ書き残していければと思っております。

USBシリアル変換ケーブル無しで、ループバックテストができる、「仮想シリアルポートドライバ Null-modem emulator(com0com)」

Windows シリアル通信

最近の、ほとんどのPCには「シリアルポート(COMポート)」がありませんので、シリアル通信するソフトは、「USBシリアル変換ケーブル」を使うと思います。

実際に通信をするには、この変換ケーブルとクロスのシリアルケーブルが必要になります。

PC単体で動作確認するためにループバックさせる場合は変換ケーブルが2つ必要。通信データは、一方のUSBポートから外に出て、シリアル変換され、クロスケーブルを通って、別のUSBポートへ戻ってくるため、両方のUSBポートでシリアル変換しなければならないわけです。動作確認したいだけなのに、えらい無駄です。

「これってケーブル無しで、なんとかならないの?」

ということで、「仮想シリアルポートドライバー Null-modem emulator(com0com)」のご紹介です。

変換ケーブル不要、実シリアルポート不要、シリアルケーブルも不要、USBも無関係です。

仮想シリアルポートドライバー Null-modem emulator(com0com)
⇒ http://sourceforge.net/projects/com0com/

com2comは、PC上に、互いに接続された2つの仮想シリアルポートを作成するドライバーです。

インストールすると、すでに2つのシリアルポート(ポート名CNCA0,CNCB0)がセットアップされています。

設定の変更(名前の変更やペアの追加・削除など)はセットアップ用のコマンドラインから行います。

シリアルポート名の先頭3文字を「COM」と決めちゃってるソフトもありますから、そういう時は、以下のコマンドで変更できます。

> change CNCA0 PortName=COM11
> change CNCB0 PortName=COM12

おまけ

シリアルポートから受信した情報をそのままそっくり送信してくれるComLoopというソフトです。 2000年に作られていますが、Windows7の仮想シリアルデバイスでも動作してくれました。 まあ、通信プログラムを組む人は試験用のソフトくらいサクッと作ると思いますが、手抜けるところは抜いたほうが、ね。

RS-232Cループバックテストプログラム ComLoop
⇒ http://www.vector.co.jp/soft/win95/hardware/se158260.html


(この記事は2013年5月14日 USBシリアル変換ケーブル無しで、ループバックテストができる、「仮想シリアルポートドライバ Null-modem emulator(com0com)」 - ぱぱろぐのこころぐに加筆修正したものです)